気分はとってもジュンジュワァ~(^q^)

ジュンの雑記

カテゴリ: 私的名盤

台湾からのギターロックバンド Touming magazine(透明雑誌)のファーストフルアルバム 「台湾のナンバーガール」などと言われ、タワレコもプッシュして日本でも2010年だが11年くらいに話題になった。 その人気ぶりで輸入盤しかなかったもの ...

スウェーデン出身、メロディックブラックメタルバンド、ナグルファーの3rd 前作、前々作に引き続きの路線を踏襲しながらなおかつクオリティの高いアルバムに仕上がってきているブラックにありがちなキチガイみたいな激速とまではいかないが、全体的にアップテンポな曲が多 ...

2007年発、レバノン出身、英在住MIKAのデビューアルバムレバノンてどういう国なんだろうね 音楽性はフレディマーキュリーやエントルジョン等と比較されることが多いようだが、その歌いこなしがファルセットからシャウトまでと、自由自在で、私真面目にQueenのファ ...

Destrageは伊・ミラノにて2003年結成 2010年発のセカンドアルバム 邦題「王様はデブで老いぼれである」   とにかくエグいというか、ゴアグラインドにあるような手の込んだ変態的なリフが目白押しながらも細かいフィルの入ったタイトなドラムがソレを支 ...

ブラジル、サンパウロからのAngra。2004年発の4作目となるジャンルとしてはメロディックスピードメタルにカテゴライズされるこのバンドということでジャンルの話からになるが、メロスピというとまず一般的に「クサい」ということなにがそんなクサいのかというと、音自体はド ...

Wheatus(ウィ―タス)は米NYにて95年結成2000年のファーストアルバム正直、ジャケットはダサいと思う アルバム一曲目の歌いだしで若干キモくてびっくりする一聴してN.Y.のバンドの持つクールさみたいなものは無くてどことなく南部っぽいフォーキーなバッキングとビート感 ...

Hibriaは、メタルの宝庫ブラジルで96年に結成された正統派、パワーメタルバンド2008年発の2ndアルバム あらたなトレンドが次々形成され多様化するメタル界隈において小細工なしの正統派メタル極限まで尽き詰められた技術、ソングライティングにより、ある種使い ...

Jimmy Eat Worldは93年、米アリゾナにて結成 2007年発の6作目 JEWといえばGet up kids等と共にエモコアを牽引してきたバンド、90sエモは短命なバンドが多かったように思うが未だに第一線で現役活躍している コレ以前のどのアルバムもめちゃくちゃいいので ...

ド定番の、説明不要の名盤94年発、Weezerのファーストフルアルバム アルバムタイトルがセルフタイトルの盤が複数あるのでわかりずらく判別するため、その色から通称「Blue Alubum」と呼ばれている90'sパワーポップを語る上で欠かせないのがこのウィーザーなわけだが、人に ...

プログレッシブメタル。技巧派集団Dream Theaterの4th プログレッシブロックというと前衛的、多ジャンルを取り込み、あるいは宗教感、思想的なものまで音で表現しようという事で曲が長くなったり、変拍子で複雑であったりと一般的に、ポピュラー音楽を聴 ...

このページのトップヘ