IMG_5506

2018/07/15~20 オシ滞在


IMG_5397

滞在したのはOSH.G.H(オシュゲストハウス)
ドミトリー6人部屋が一泊5ドル、4人部屋が6ドル、Wi-Fi有
朝食はプラス1ドルで朝に共用スペースでとれる
一応個室も20ドルとかであるみたい
タイミングがわるく6人部屋が埋まっていたので4人部屋の方で宿をとって、面倒なので空きが出ても途中で変えてもらうことなくそのまま滞在
支払いは一泊の人とかは適時支払っていたけど滞在長いから最後にまとめてするよと言われた
支払いはドルでもソムでもどっちでもいいみたい
サイクリストはこの宿じゃなくて違うところに滞在する人が多いみたいだけど、ここも十分に自転車停めるスペースはあるのでなんら問題はない
滞在中ボチボチサイクリストもきててここスタートでパミーる人もちらほらいた


IMG_5378
IMG_5401IMG_5471

レセプションのある共用スペース
チャイハネ形式の座卓がありチャイやコーヒーはフリーで飲んでいいそうで停滞しているツーリストは日中ここでだらだらしている人もいた
自分も滞在中ここでコーヒー飲みながらだらだらしてたりした
それから人懐っこい猫がいる


IMG_5427IMG_5468

朝食は日替わり形式で滞在した7泊中5食とった
パン+日替わりの何か的な構図だった


IMG_5402

このオシゲストハウスはオシでもっとも情報の集まる宿らしく共用スペースの掲示板には車チャーターの募集がかかれている
具体的には、ホログまで車チャーターして〇日で行こうぜ、費用〇ドルであと二人募集!とかみたいなことが書かれている
読んでみると結構細かいプランニングのこともいろいろ書いてあっておもしろい

IMG_5407
IMG_5408
IMG_5409IMG_5422
IMG_5410

宿自体も周辺の街への車の手配とかテントのレンタル、タジクビザ取りの代行までしてくれるみたい
あとオーナーは敬虔なムスリムらしくアルコールは持ち込むのもダメとの張り紙が冷蔵庫にあった


IMG_5411

キッチン
この宿はアパートの一室が宿で部屋が数か所に散らばっているみたい
キッチンはもろにアパートのキッチン感
あまり使う人はいないみたいでせいぜいお湯を沸かす人がボチボチいる程度
トイレもユニットバスなので誰かがシャワー使ってるとトイレできない
西洋人は朝浴びる人が多いのか朝は若干込んだ感じになることが何回かあった。それから寝るときはパンイチになるって人が多く夜はかえってきたらおっさん達みんな服脱ぎだしてカオスな感じになることが只あった
あさ、起きてキッチンにいくとぱんいちのおっさんがエレガントにコーヒー淹れながら「ぐっもーにんはうあーゆー?」とかいいだしててもうアカン感じになりつつある

IMG_5544

何日か滞在した後、レセプションのお兄やんに部屋を移れるか聞かれ了承するとレセプションのある所の部屋に移動。そっちはエアコンがあった
なおこっちにいたポーランド人のおっさんもパンイチだった

IMG_5566

日本語の本も何冊かあったので時間をつぶすのに重宝した
ここは日本人もよく泊まるようで滞在中にそこそこの数の日本人が出入りしていった
ホログで会った浅地さんも途中から滞在し一緒にメシを食いに行ったりとした
宿を出るとき支払いをすると大幅にディスカウントしてくれた。たぶん朝食分はまるまる勘定されてないんじゃなかったんだろうか
建物自体はぼろいが街の中心にほど近く、掃除も行き届いているので過ごしやすい宿だったと思う


IMG_5381
IMG_5476

オシのバザール
結構整然とした雰囲気でうっている物事に売り場が固まっている感じ
メインの一番おおきい通りは服の店が多め

IMG_5551
IMG_5552
IMG_5553

ボタンの店とか結構たのしい


刃物ばっか売ってるエリアの刃物研ぎ

IMG_5554

IMG_5556
IMG_5559
IMG_5558

バザールの中には玉突き場もあった

IMG_5478

端末がどれも安くてだいたい5000~10000円くらい


IMG_5547

宿からバザールに向かう途中バザールの向こう側に見える山がスライマントー聖山
オシ唯一の観光地で地元にとっては宗教的な意味合いで重要な山
ここも登ってみる

IMG_5504
IMG_5506
IMG_5516

ひたすら階段を上って上まで
オシの街が一望できる
福井にも足羽山って山が市の中心にあるけど木を刈り払ってはげ山にしたらこんな眺望なんだろうなとかしょうもないことを考えてしまった
うろうろしてたら迷子になったけどよくわからないけもの道を使って下山


IMG_5531

めしはやはり定番のラグマン

IMG_5535

こっちはラグマンの米バージョンでガンファン
味付けは一緒なので味は同じ

IMG_5571

どういうわけかどこの店もメニューは同じ
味もだいたい同じ
初日に食ったときは感動したけど、申し訳ないが何日か食ってくるとそんなでもないかなとか思い出す始末

IMG_5405

あと、タジクもキルギスもヨーグルトはめっちゃうまいのでこれは手に入ればしょっちゅう食ってた


IMG_5524

ダイナミック昼寝でかっこいいおっさん
なんかよくわかんないけどうらやましい

IMG_5564
IMG_5563

なんか吉野家みたいな色使いだなとおもってよく見てみたら少し日本でわろた


IMG_5472
IMG_5473

露店
売っているものが本格的なガラクタばかりで見てて楽しい
生活が垣間見れるような気がする


IMG_5434
IMG_5435
IMG_5436
IMG_5437
IMG_5438
IMG_5443
IMG_5453

自転車も道具もひどいざまだったので徹底的に泥や汚れを落とした
もうすぐ帰国なので泥とかつけてても単純に重量増にしかならないので軽量化しなければならない
タジクの劣悪な道で折れたボトルケージとぶっ飛んでったリアライトの残骸も処分
燃料用アルコールもすべて使い切り、いらない服も一着捨てた


IMG_5567

一か月とちょっとの期間、ずっとキリル文字をみてきたけど、漢字カタカナひらがなアルファベット、なんでもありの日本語の方がよっぽどカオスだよなあとか思った