DHバー Easton Aero Force Carbon


マテリアル:イーストンCNTコンポジット
バークランプ径:26.0


アメリカのコンポ、パーツブランド「Easton」のカーボンDHバー
元々、SC7000とかウルトラライトといったアルミチューブの印象が強いブランドだけどカーボンパーツも結構強いらしい
このエアロバーは流通量が乏しかったのか情報が少なく調べてみたらだいたい100ユーロ(13000円)くらいで販売されていた模様
プロファイルデザインのアルミのものより軽いし外観がすっきりしているのでそのへんは気に入っていた。



2016-08-17-23-14-31

実測417g
だいたいのDHバーは400後半代〜なのでまあまあ軽量の部類


外観はUDカーボン


2016-08-17-23-16-20

用途はわからないがバー内側にM5のハト目がつけられている


2016-08-17-23-16-59

クランプ部は固定なのでバーの長さ調整は出来ない
パッド部は左右に調整可能、調整幅は約75㎜


2016-08-17-23-17-08

このバーはバーコンのケーブルをこちら側の穴から通して

2016-08-17-23-17-35

こちら側のスリットから出してバー先端に取り付けたバーコンまでルーティングできるようになっている






自分は競技ではなく、ロングツ-リングでポジションを増やす目的で取り付けたが長い平地とかだとやっぱりあると楽だなと感じることが多かった。
ただ、日本の場合信号も多いしカーブや登坂も多いのでほんとに有効に使えるのは長いバイパスや北海道とかみたく結構限られたところになるのであまり使わなくなってしまい結局取り外したままになってしまった。